かでな文化センターは、施設の機能向上を図る工事を施工し、皆さまに使いやすい施設になりました!
①事務室
②授乳室の新設
③劇場内手すり新設
文化センター事務室を施設内から、エントランスホールに移設することで、来場者・申請者の皆さまから見えやすくなりました。 文化センター事務室の隣に、新たに授乳室を設置しました。乳幼児のお子さんを持つ保護者の皆さんはぜひご活用ください。 劇場内の階段の両サイドに手すりを新設することで、来場者の皆様の移動がより安全に行えるようになりました。

 

④施設内トイレの充実
ホワイエに男女トイレ、多目的トイレ、オストメイト対応型トイレを増設。楽屋裏についても、多目的トイレを増設し、より多くの方が利用できるようになりました。
⑤エレベーター及び通路の増設
⑥スロープの新設
ホワイエにエレベーターを設置、通路を増設したことで、車椅子や高齢者の皆様も安全に客席の前方、舞台へ移動することが可能となりました。

 

 

施設中通路から舞台、劇場内前方にかけてスロープを設置することにより、車椅子でもスムーズに移動することが可能となりました。

 

 
⑦段差解消機の設置
⑧音響・照明設備
舞台花道に段差解消機を設置することで、車椅子の方でも劇場内前方、舞台へスムーズに移動することが可能となりました。

 

 

 

音響設備・照明設備ともにアナログからデジタルへ機能向上し、双方共に、大容量のメモリー対応が可能となりました。音響については、スピーカーの機能性等の向上、照明については、照明の対応速度の向上等、より良い演出が行えるようになりました。